物損事故の大半をしめるのは、自動車間での事故です。相手が自動車であれば、どんなに高額になったとしても一千万から二千万位がせいぜいです。高級外車よりも大型バスは結構損害額が大きくなります。少し壊れただけでも一千万以上します。裁判となると数千万単位になる可能性はありますがあまりそこまで行くケースはありません。最も高級な損害額を認めた判決は、約2億6千万円で、トラックとその積荷が全損になったものです。高級毛皮や洋服を満載していたためにこのような金額になりました。ただし荷主が運送会社に積荷の正確な金額を申告していなかったため、過失相殺が50%適用され半額の支払いが命じられました。二番目に高額なのはパチンコ店に自動車が飛び込んだもので損害額は約1億3千万が認められました。確かに建物や装飾、営業損害などを合計すればそれなりの額にはなると思われますが、この裁判は被告側が欠席したため訴えた額がそのまま認められており実際の損害額ははるかに少ないと思われます。三番目に高額な判決は電車と衝突したもので約1億2千万です。電車との事故は電車の修理代や踏切の修理代等で結構金額が高くなることがあります。気をつけましょう。