自動車事故を起こしてしまった際に、自分の車の同乗者、相手の車の搭乗者、歩行者などを死亡またはけがを負わせてしまった場合に、法律上の損害賠償責任が発生することがあります。こうした責任が発生した際には、まず自動車損害賠償責任保険により保険金が支払われますが、この限度額を超えた損害賠償額に対して保険金が支払われるのが「対人賠償保険」です。
損害賠償額が高額になれば、自動車損害賠償責任保険だけでは支払いきれないため、対人賠償保険は自動車損害賠償責任保険を補完するための保険であるといえます。
事故の内容にもよりますが、高額な医療費や後遺障害による介護費用などが生じた場合には、事故の当事者に大きな損害をもたらします。ただしこの保険では、運転者本人やその家族については補償されません。
その補償内容は多岐にわたっており、車などの修理代のほか、仕事を休まざるを得なかったために発生する休業損失や営業ができなかったために発生する営業損失なども含まれており、幅広い範囲をカバーしています。
車のハンドルを握る以上、万が一のことを考えて、十分な保険を用意しておきたいものですが、いざという時に備えて、ぜひ対人賠償保険にも加入しておきたいものです。