自動車保険のなかでももっとも必要性が高いものが、自動車事故で損害を与えてしまった相手方に損害賠償を行う経費を補償してくれる賠償責任保険とよばれるものです。これにはケガや後遺障害、死亡といった人身上の損害を補償する対人賠償保険、車両や建物、構造物などの物にかかわる損害を補償する対物賠償保険の2つのタイプがあります。
人身事故よりも物損事故のほうが損害賠償額が少なくて済むというのはたしかにそのとおりですので、自動車保険のなかでも対人は契約したものの対物のほうは契約せずに、保険料を安くしようと考える人もみられます。
しかしながら、最近の自動車事故をめぐる裁判所の判例では、例えば事故によって電車を停車させてしまったり、高価な積み荷を損傷させてしまった場合に、億単位の損害賠償の支払いを命じられるケースがあらわれています。
このような場合、保険がなければ支払いができないのはもちろんですが、保険料を安くしようとして保険金が支払われる上限にあたる補償限度額を1,000万円程度に設定していた場合でも、やはり支払い困難であることに変わりがありません。
そのため、補償限度額を無制限として設定することによって、高額賠償に対応しようとするドライバーも増えてきており、これからの時代に安心して自動車を運転するためには不可欠の工夫であるといえます。