自動車保険には、対人・対物賠償保険が存在し、自動車を運転している人はそういった保険に加入することが望ましいのは確かです。その理由としては、自分とは無関係な他人や他人の物に損害を及ぼすと他人に過失が一切無ければ、その賠償する費用が莫大になる可能性も高いからです。

そして、対人とは他人を怪我させたり、死亡させたりした場合を対象とし、対物は他人の自動車や家・店舗等の物を壊したりした場合に対象とされます。対物には仮に店舗に自動車を突っ込ませてしまい、その店舗が営業できない状態になってしまった場合の毎日の売上げに相当する営業損失までを補償することも多いです。

確かに店舗の修繕費や商品の弁償は当然でありますが、その店舗を運営することで営業利益があったのに、それが店舗に車を突っ込ませたため、その営業利益が無くなってしまうのでそれを補償することも当然となります。対物の定義としては、契約者本人である記名被保険者、その配偶者・父母・子供、被保険自動車を運転していた者、その配偶者・父母・子供、記名被保険者の使用者以外の者が使用・所有・管理している財物であることとされています。

万が一、自分の運転した自動車による事故で他人に損害を与えた場合、しっかり賠償さえ出来れば安心して運転が出来るので、任意保険である自動車保険の需要も高いのです。