対人賠償保険は、契約している自動車の運行などが原因となって、他人にケガや死亡といった身体的な損害を発生させてしまい、損害賠償が必要になったときに、その費用を補償してくれる自動車保険です。事故の相手方であるドライバーのほかにも、相手方の自動車に乗っていた人や、歩行中の人なども補償の範囲に含まれます。
ただし、対人賠償保険では、法律で定められた強制保険として、すべての自動車が加入している自賠責保険で支払われる金額のほうが優先され、それを超過した部分に対してのみ、保険金が支払われるということになっています。
この対人賠償保険における注意点としては、あくまでも他人に対する補償がメインであるということです。例えば、契約自動車を運転中にあやまって歩行中の人をひいてしまったといった場合に、その人が他人であれば保険金が下りますが、運転者の家族であったような場合には、他人ではないので保険金の支払い対象外ということになります。
運転者の配偶者や家族を含めて、自分の車に乗っていた人がケガをしたり、死亡したりした場合の補償が受けられるのは、人身傷害保険などの別の類型の保険ですので、しっかりとした補償を受けたければ、あわせて加入しておく必要があります。