対物補償は他人の所有物、つまり他人の車や物を事故によって破損した時に法律上の賠償責任を負担する事による損害に対して支払われる補償の事です。この場合加害者側が100%保障しなければならない場合もありますが被害者側の過失責任が考慮された場合、過失部分の保険料の支払いは行われません。また、対物補償金額も現在では無制限の物もあり、実際どのくらいの損害額になるのか不明な為に対物補償も対人補償同様に無制限に保険内容にしておけば、まず大きな事故が起きても対応が効く事になります。この場合が一般的な交通事故による対物補償の内容になりますが、タイトルの事柄についてはどのようになるのか、疑問に思われても仕方がありません。
これは保険内容の記載事項の免責事項に必ず記入されている事項です。過失を問わず免責されてしまい、破損してしまった物に対しては保険会社は支払行動は起こしません。
運転者が家族の所有物を破損し場合、それが過失であっても補償対象にはなりません。つまり身内の物を壊して保険会社に支払わせる事自体が間違いであり、詐欺行為に繋がる恐れもある為です。故意に破損させ保険で新しく買い替える事を考える方もいると言う事です。その為免責事項に記載されていると言う事になります。